高年収&高身長バツイチ37歳男性とのお見合い①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がオーネットで婚活を初めて1カ月と数日が経ちました。

 

アドバイザーさんから「活動最初の2カ月は自分のプロフィールがイントロGに掲載されていないため、自分からの申し込みでないと出会えない。あまり出会えないと思うけど、気を落とさないで!」と言われていたので、週1~2人ペースで会えていることに大変満足していました。

 

そんななか出会った7人目のお見合い相手とのエピソードをご紹介していきます。

 

スポンサードサーチ

7人目のお見合い相手と紹介書で出会う

私は、基本的に写真のない出会い方(会報誌、紹介書、オープンテラス以外のイントロG)は避けていました。なぜなら、めちゃくちゃプロフィールで気に入ったとしても、生理的に苦手な雰囲気の異性とは発展させにくいと考えているからです。

 

しかし、なぜだかこの男性は気になってしまったのです。

いいえ、なぜだかではありません。

私が興味を持った理由。それは、彼のスペックの高さでした(一部除く)。

 

お見合い相手のスペック

 

お見合い相手のスペック一覧

・身長178cm

・年収950万円

・一人暮らし

・タバコ吸わない

・趣味【料理、旅行、英語】

・研究職

・大学院卒

・バツイチ

 

おっ、身長たかっ!

あっ、年収たかっ!

えっ、学歴たかっ!

 

ええやん、ええやぁ~ん!!!

 

 

 

・・・ん? バ、バツイチとな? (´・ω・`)

 

確かに高スペックだ。気になる。

だけど、バツイチってのも気になる。

 

いや、オーネットで婚活を始める前までは、バツイチ子なしならWelcomeだったはず。しかし、たくさん初婚男性がいる中で、わざわざバツイチ男性を選ぶのってまぁまぁ勇気がいる!と思い始めていたのでした。

 

でもやっぱり、この男性とは趣味も合いそうだし高スペックなのはやっぱり魅力的だし、何より一度会って話してみたい!そう思ったので、紹介書から彼に写真付きでメッセージを送ることにしました。

 

「初めまして。紹介書を拝見し、メッセージさせていただきました。趣味がお料理、旅行、英語と拝見しました。素晴らしいですね。私もいま英語の勉強に力を入れていますので、話が合いそうだと思いました。良かったら掲示板でお話しさせていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。」

 

すると、その日のうち(正確には2時間後)に写真付きで返事が来ました。

 

スポンサードサーチ

お見合い相手との掲示板でのやり取り

 

「はじめまして。メッセージいただけて嬉しいです。こちらこそよろしくお願いします。英語勉強されているんですね。何だか嬉しいです。僕は最近TOEICの勉強をしていますが、あまり点数が伸びなくて悩んでいます。英語は英会話ですか?それともTOEICのような資格を勉強されていますか?」

 

「私はどちらも勉強しています。最近は留学をしていたのもあり英会話に力を入れていますが、それまでは私もずっとTOEICを勉強していました。750点を超えたあたりから一気に伸びなくなり、心が折れてしまいました^^;」

 

本来なら自分の点数は自分から言いませんが、相手が大学院ほどの高学歴の場合、TOEIC750点程度では自慢ととられることもないだろうと考え、話のタネに点数を言ってみました。

 

「750点ですか、すごいですね。僕は最近700点を超えたばかりなのでお恥ずかしいです。800点を超えたいのですが、やはり語彙力の問題でしょうか?どのように勉強されているのか、いつか聞いてみたいです。〇〇さんは、他に趣味はありますか?」

 

「私も800点を超えたことはないので何とも言えませんが、恐らく語彙力と慣れが大きいのではないかと思います。私もまた頑張ってみようかと思えてきました。英語以外では、ゴルフや読書が好きです。△△さんは、ゴルフはされますか?」

 

「慣れですか!では、公式問題集を何度もやってみます。ありがとうございます。ゴルフは打ちっぱなしくらいしかしたことがないですが、興味はあります。頻繁にコースへ出られているのですか?」

 

「コースは年に1~2度くらいしか行けていません。前は練習が苦手だったので、コースしか行っていませんでした(笑)なので、全然上達しないんです。最近は、月1くらいで練習しています。いつかご一緒できるといいですね。」

 

「はい、いつかご一緒してみたいです。もし〇〇さんさえ良ければ、一度お会いして色々お話ししたいと思っていますがいかがですか?ちなみに僕は〇日と〇日が開いています。よろしくお願いいたします。」

 

「お誘いいただきありがとうございます。私もぜひ色々お話ししてみたいです。私も〇日でしたら都合がいいです。場所は、○○あたりでしたら出やすいですが、△△さんのご都合に合わせます。こちらこそよろしくお願いします。楽しみにしています。」

 

というやり取りを、1日2~4通ペースで続け、掲示板開設から5日ほどで会う約束をしました。

 

 

掲示板で話してみた後の印象

彼との掲示板でのやり取りは、正直かなり楽しかったです。

先入観抜きにしても頭が良いのが伝わってくる理路整然とした文章や、約束の予定を取り付ける際の無駄のない応答。心地いい。

女性ってやり取りの中で相手を冷静に観察して、その人の人となりを感じ取る人が多いのかもしれません。

彼との初面接がとても楽しみでした。

 

しかしそれは、恋愛感情や結婚相手を意識してという感じではありませんでした。

少なくともこの時点では、この人と話をすることが楽しみという気持ちはあっても、この人とうまくいきたいという気持ちは全くありませんでした。

なぜかはわかりませんが、なんだかそういう今までにない感じ方(楽しみな感情)でした。

 

ちなみに、高スペックな彼の写真の第一印象は、特に良くも悪くもありませんでしたが、しいて言うなら少し怖そうな人だなと思いました。

似ている芸能人は見つけられませんが、馬っぽい?人参っぽい?感じ。

でも、可愛げもあるという不思議な外見です。

 

彼にあだ名を付けるとすれば、、、

 

にんじん男爵がしっくりきます。次回からは、親しみを込めてにんじん男爵と呼ばせていただこうかしら。

 

そんなにんじん男爵とのエピソードは、②へつづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial